アホウドリ鉄道

本ブログは、鉄道に関する記事+制作者の鉄道に関する記憶、思いを載せていく、スクラップブック7です。制作者は小さい頃から鉄道を趣味として、乗り物として愛して約半世紀が過ぎました。鉄道関係のニュースを中心に、鉄旅、車窓、駅、車両、列車、歴史、鉄道紀行などの図書資料関係、切符など生活、仕事にも役立つ情報も集めながらやっていきいと思います。

    2020年08月

    アーバンパークライの特急宣伝はけっこう力が入ってます。

    DSC_1031


    DSC_1032



    DSC_1030



    DSC_1029


    DSC_1028


    カートレインがいたころと羽田空港アクセス線を想いながら浜松町。
    カートレイン、バイクトレイン、純乗鉄としては関係ないというか、避けたいというか。21で免許とってからかなりの距離は運転してますが、時代のあだ花とするのは言い過ぎでしょう。今でもアイデア次第では利用者がでるのではないかと思います。カーフェリーがあるのだし、JR貨物が旅客営業を特別にできるようにするとか。


    1909(明治42)年開業。

    山手線京浜東北線東海道線常磐線、そして東海道新幹線東京モノレールが行き交う、浜松町駅

    動画は2019年秋の浜松町駅界隈。モノクロの航空写真(国土地理院提供)は1947年、70年以上前の光景。

    モノクロ航空写真で浜松町駅は、ちょうど中央付近。旧芝離宮恩賜庭園に接する地にある。

    まずおやって感じるのは、浜松町駅の北側で分岐し、旧芝離宮恩賜庭園をぐるっとまわってUターンするように海側へのびている線。

    これが、かつての芝浦駅(貨物駅)へとつながっていた東海道線の支線。この支線から、東京都港湾局専用線、日本セメント専用線、宇部興産専用線、日本水産専用線などが分かれてつながっていた。

    いまこの支線や専用線の面影は、ほぼゼロ。線路があった地はいま、竹芝ふ頭、ゆりかもめ、高層マンション、首都高らがひしめきあう。

    その北には、巨大貨物ターミナル 汐留駅。さらにその先に、築地市場へと続く東京市場駅がある。この汐留駅あたりはいま、汐留シオサイトに。

    現在の浜松町駅界隈動画↑↑↑でも汐留駅へつながる支線のスペースがちらっとみえる。ここを、カートレイン(寝台車+貨車)なる列車が発着していた。

    ――― そしていま気になるのは、羽田空港アクセス線。東京貨物ターミナル駅へと続く大汐線(大井~汐留)の線路・軌道の一部を活かし、羽田空港東海道線上野東京ライン)を結ぶ計画は、どう着地するか。

    田町あたりで、新幹線とどう立体交差し、東海道線に接近するか。

    この動画の撮影ポイントに、羽田空港行き電車がやってくる日は、くるか。

    (動画:鉄道チャンネル公式YouTube
     
     



    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 live.staticflickr.com)


    【【浜松町】汐留駅や芝浦駅へと続いていた線路】の続きを読む

    駅は人が集う地域の宝「唐松駅」

    (前回)【北海道の鉄道発祥地 幌内線・鉄道遺産を訪ねて (1)】1,000円で宿泊可能なライダーハウスに転用された「萱野駅」
    https://tetsudo-ch.com/10493855.html

    幌内線廃線跡は、かつての主要路線であり、鉄路を失った現在も「鉄道の街」として息づいています。「北海道の鉄道発祥地 幌内線・鉄道遺産を訪ねる旅」第2弾は、朽ち果てた駅舎を地域の方々が管理し、コミュニティの場として活用している「唐松駅」を紹介します。

    納屋のようなギャンブレルの屋根

    唐松駅は、近隣で操業していた住友坂炭礦(現・住石マテリアルズ)の請願駅で、幌内線全線開業から41年後の1929(昭和4)年12月15日に開業しました。駅舎はギャンブレルと呼ばれる将棋の駒のような形をした屋根を持ち、農家の納屋のような雰囲気を漂わせています。この地域で採掘される石炭を搬出するための貨物用の駅として開業し、翌年に一般駅になりました。

    現存する旧幌内炭鉱の立坑櫓

    開拓期に沢沿いで木材を切り出していた藤松氏にちなみ、周辺の炭鉱は藤松沢炭砿、藤松炭砿と呼ばれ、住友に買収されてから唐松炭砿と名付けられたことにより、駅名もそれに従ったと言われています。幌内線廃止後も駅舎は残されていたものの、管理されることなく朽ち果てようとしていました。

    森の奥から列車が現れそうな雰囲気

    その姿に心を痛めた有志らによって2003(平成15)年に駅の手入れを開始しました。積雪で曲がった屋根を直し、プラットホームに溜まったゴミを捨て、落書きも消されました。思い出を留めるように、待合室には在りし日の写真や、幌内線関連の備品が飾られています。

    朝夕にウエートが置かれたダイヤ

    かつてはヤードが広がっていましたが、1973(昭和48)年8月30日に、北斗興業新三笠炭礦閉山により専用線が廃止、1981(昭和56)年5月25日に貨物・荷物の取り扱いが廃止されたため、幌内線廃止時点では単式ホーム1面1線になっていました。廃止前の時刻表を見ると1日7往復運行しているものの日中の運行は皆無。おもに通勤・通学の足として利用されていたことが分かります

    三笠市は北海盆歌の発祥地

    展示資料によると、旧唐松駅前で15年ぶりに「こども盆踊り」が開催されたこともあるようです。幌内線が廃止されてから生まれた子供たちの目に唐松駅は、どのように映っていたのでしょうか。

    いつまでも残る思い出の地

    鉄道が廃止されると、駅は取り壊され、線路も剥がされ、鉄路の形跡が失われていきます。唐松駅は全国から炭鉱の仕事を求めて多くの人が降り立ったと言います。かつての住民には思い出の地として、鉄道の時代を知らない子どもたちには、世代を超えたコミュニケーションの場として存在し続けることでしょう。

    文/写真:吉田匡和

    北海道の鉄道発祥地 幌内線・鉄道遺産を訪ねて (3)】は2020年7月25日(土)10時頃の掲載を予定しています。(鉄道チャンネル編集部)



    1913年(大正2年)9月11日 萱野駅を新設。 1929年(昭和4年)12月15日 (貨)唐松駅を新設。 1930年(昭和5年)8月1日 唐松駅を貨物から一般に改める。 1944年(昭和19年)4月1日 幌内太を三笠に改称。 1948年(昭和23年)1月25日 弥生仮乗降場を新設。 1950年(昭和25年)1月20日
    21キロバイト (2,409 語) - 2020年4月18日 (土) 13:34


    幌内線三笠駅
    幌内線三笠駅



    【【北海道の鉄道発祥地 幌内線・鉄道遺産を訪ねて (2)】】の続きを読む

     ということだそうです。他にも書きましたが、私的にはゲームは20年くらいやってません。先が見えてきた人生なので、優先順位としてゲームは低くならざるをえません。がしかし、プレイしないものの内容として何が組み込まれるかには十分興味を引かれます。

     任天堂が20日、YouTubeにてプレゼンテーション動画「Nintendo Direct mini」を投稿。ニンテンドースイッチ向けのゲーム桃太郎電鉄 ~昭和 平成 令和も定番!~』が、11月19日に発売されることがわかった。また、新情報として、今年3月14日に品川~田町駅間に開業したJR東日本山手線の新駅「高輪ゲートウェイ駅」が、登場することが明かされた。

    【動画】新物件・新駅が登場!公開されたゲームプレイ動画

     番組ではゲーム画像を公開して「首都圏では1971年西日暮里駅以来の新しい駅が開業しました!高輪G(たかなわジー)です!」とし、ナレーションでも「高輪ゲートウェイなど、話題の物件や新しい駅が豊富に追加。実際にある物件がモデルになっている」と説明している。

     公式サイトでは『新駅・新物件を追加』と題して、「『ひたちなか』駅の『ネモフィラの丘』や『土佐清水』駅の『ジョン万記念館』はじめ、新駅、新物件が豊富に追加されています。さらに、『高輪G(たかなわジー)』駅も登場します」と発表した。

     同作は、1988年に第1作目が登場して以来、30年以上にわたり幅広い年代の方々に親しまれているボードゲーム桃太郎電鉄シリーズの完全新作。鉄道会社の社長になって、全国の物件を手に入れながら総資産日本一を目指すという内容になっている。

    ゲーム『桃太郎電鉄 ~昭和 平成 令和も定番!~』のビジュアル (C)さくまあきら(C) Konami Digital Entertainment


    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 live.staticflickr.com)



    <このニュースへのネットの反応>

    【【桃鉄】新作に「高輪ゲートウェイ」登場 11・19発売】の続きを読む


    『智頭急行』、出張のさいに「ス-パ-いなば」「ス-パ-はくと」等にお世話になりました。普通列車で乗ったのは一部区間のみです。姫新線とか因美線とかローカル線を福山在住時代に乗鉄した絡みです。記事等は7月のものです。


    智頭急行株式会社(ちずきゅうこう、英: Chizu Express Co.,Ltd.、略称: CKK)は、兵庫県・岡山県・鳥取県の3県において旧日本鉄道建設公団建設線の智頭線を運営している鉄道会社である。鳥取県など沿線自治体の出資による第三セクター方式で設立された、第三セクター鉄道の一つである。
    19キロバイト (2,412 語) - 2020年7月21日 (火) 19:10




    【【智頭急行】の話題、2020年08月版】の続きを読む

    このページのトップヘ