最近、駅構内でロボットの姿を見る機会が増えてきた。東京メトロでは、6月12日の終電後(実際には13日)に有楽町線月島駅でロボットを活用した駅構内消毒の実証実験を実施した。

【その他の画像】

 ZMPの開発する無人警備・消毒ロボットPATORO」を活用している。なぜ、ロボットで消毒なのか?

 新型コロナウイルスの感染予防対策として、東京メトロでは駅社員や清掃員が構内の消毒を行っている。より効果的で効率的な消毒を実施するために、ロボットの活用を検討している。

 今回の実証実験で使用したロボットは、ZMPが開発した自律移動技術を応用し、人が歩くくらいの速度で自動運転をすることが可能だ。設定されたルート上で障害物を避けたり一時停止したりすることで、安全な走行が可能になっている。

 駅構内にある化粧室内の手すりや、券売機付近のカウンターを消毒の対象物とした。なお、券売機や改札機、昇降機などは精密機器であるため、消毒液の噴霧による故障の影響を考えて、対象外としている。

 「PATORO」は事前に駅構内の3Dマップを取得した上で、設定した消毒対象物まで移動し、走行しながら消毒液を噴霧することができる。しかし、消毒液の散布機の向きが固定され、対象物の高さに対応できない課題も出てきた。

 対人接触が濃密なほど、新型コロナに罹患しやすい現実から、こういったロボットを活用するのは正しい。あとはどこまで実用化が可能かだ。働く人を感染させるわけにはいかない。

ロボットの見本市・高輪ゲートウェイ

 この春開業したJR東日本高輪ゲートウェイ駅には、さまざまな種類のロボットが導入されている。AIを利用した案内ロボットが駅構内や周辺施設、乗換案内のほか、イベント情報の案内も行う。

 自律移動型の警備・清掃ロボットは、あらかじめ設定した移動経路を巡回する。警備ロボットは不審物を検知し、清掃ロボットは駅構内の清掃を行う。同じく自律移動型の移動案内・広告ロボットは、利用者への案内や広告宣伝を行う。移動支援ロボットは駅構内での利用者の移動を支援する。

 こういったロボット高輪ゲートウェイ駅に導入され、そこから他の駅でも導入できるかどうか、検討・判断の材料になっている。

 関東圏私鉄でも、ロボットが現実に使用されたり、あるいは実証実験が行われたりというケースがある。例えば京王電鉄では、案内ロボットの実証実験が行われた。2019年3月に下北沢駅に設置されたオムロン製の案内ロボット下北沢レイ」は、同年9月から新宿駅の京王百貨店口の券売機横に移設された。

 この「下北沢レイ」は、乗換案内や構内・周辺案内、運行情報の問い合わせに対して音声とディスプレーで対応するだけでなく、対話へのうなずきや体・腕の動作で案内し、利用者に親しみを持ってもらえるようにできている。また、対話を積み重ねることで、“成長”していく。

 20年2月には、子会社で駅構内の清掃を担当する京王設備サービスが、5000系車両をイメージした自律走行式床面洗浄機を新宿駅で本格稼働させた。アマノ製の「EGrobo」(イージーロボ)である。

 「京王ライナー」として親しまれている5000系車両をモデルとし、自動走行時には京王ライナーの車内BGMメロディーフォンを流す。終電後から始発までに京王線ホーム階や改札階のコンコースの清掃を自動走行で行う。なお、日中は清掃員の操作により運用する。

 清掃エリア内の走行経路や速度、洗浄水量やパッド圧を事前に登録し、清掃。エリア内に歩行者や障害物があった場合は、センサーで認識、停止後に回避ルートを再設定する。音声案内やウィンカーで注意喚起する機能も備えている。

ロボット導入の背景にある人手不足コロナ

 他の私鉄でも、案内や清掃などでロボットは大活躍だ。東急電鉄では渋谷駅横浜駅に清掃ロボットが導入された。京急電鉄では、羽田空港第3ターミナル駅ソフトバンクの「Pepper for Biz」を導入し、外国人の利用者を案内している。

 実証実験だけでいえば、西武鉄道は18年に駅警備ロボットを、東武鉄道では18年に床洗浄ロボットを、それぞれ試した。

 ではなぜ、ロボットなのか。ただでさえ、鉄道現場の仕事は人手不足が課題となっており、特に清掃や案内などは深刻である。これらの職種は非正規であることも多く、人件費を上げることも難しい。

 駅構内は清潔であることが求められているので、新型コロナにより駅で働く人たちの感染症対策も問題になってきた。接近して案内をするのが難しい状況になっている。

 そこでいま、ロボットが注目されている。東京メトロが駅構内消毒の実証実験を行ったことは、時代のニーズを追い求めた結果である。今後も課題を検証していく方針を示したことは、各種業務の自動化を進めなければいけないと考えているからだろう。

 かつて鉄道の現場には、働く人たちがたくさんいた。それを機械化・電子化を進めることにより、時代の変化についていこうとした。それでもまだ不可能だった分野を、ロボットで解決しようとしている。その中でのコロナ禍。貴重な人材を感染させるわけにはいかない。

 そういった背景が、東京メトロの駅構内消毒実証実験にはあるのだ。

(小林拓矢)

駅構内で“働くロボット”が増えてきた


(出典 news.nicovideo.jp)


(出典 upload.wikimedia.org)



<このニュースへのネットの反応>