ということだそうです。他にも書きましたが、私的にはゲームは20年くらいやってません。先が見えてきた人生なので、優先順位としてゲームは低くならざるをえません。がしかし、プレイしないものの内容として何が組み込まれるかには十分興味を引かれます。

 任天堂が20日、YouTubeにてプレゼンテーション動画「Nintendo Direct mini」を投稿。ニンテンドースイッチ向けのゲーム桃太郎電鉄 ~昭和 平成 令和も定番!~』が、11月19日に発売されることがわかった。また、新情報として、今年3月14日に品川~田町駅間に開業したJR東日本山手線の新駅「高輪ゲートウェイ駅」が、登場することが明かされた。

【動画】新物件・新駅が登場!公開されたゲームプレイ動画

 番組ではゲーム画像を公開して「首都圏では1971年西日暮里駅以来の新しい駅が開業しました!高輪G(たかなわジー)です!」とし、ナレーションでも「高輪ゲートウェイなど、話題の物件や新しい駅が豊富に追加。実際にある物件がモデルになっている」と説明している。

 公式サイトでは『新駅・新物件を追加』と題して、「『ひたちなか』駅の『ネモフィラの丘』や『土佐清水』駅の『ジョン万記念館』はじめ、新駅、新物件が豊富に追加されています。さらに、『高輪G(たかなわジー)』駅も登場します」と発表した。

 同作は、1988年に第1作目が登場して以来、30年以上にわたり幅広い年代の方々に親しまれているボードゲーム桃太郎電鉄シリーズの完全新作。鉄道会社の社長になって、全国の物件を手に入れながら総資産日本一を目指すという内容になっている。

ゲーム『桃太郎電鉄 ~昭和 平成 令和も定番!~』のビジュアル (C)さくまあきら(C) Konami Digital Entertainment


(出典 news.nicovideo.jp)


(出典 live.staticflickr.com)



<このニュースへのネットの反応>