機関車4機でつなぐ1650km 31時間。いやいや旅客列車でこんなんあったら乗りたいです。ただ昔ながらのボックスシートではもう無理なので、少なくとも2段寝台くらいで。とにもかくにも長距離長時間運用ご苦労様です。北海道の物資輸送にやはり鉄道欠かせないですね。
帯広貨物駅を20時45分に出発。

根室線・石勝線・室蘭線・函館線をかけ、青函トンネルを抜け、奥羽線羽越線信越線北陸線日本海側を走り、吹田貨物ターミナル駅に4時04分に到着する、31時間のコンテナ貨物列車―――3090・4090列車。

帯広貨物~苫小牧貨物~東室蘭操~函館貨物は、五稜郭機関区のDF200形ディーゼル機関車が担当。

途中、東室蘭操で同区の別のDF200バトンタッチしかま替え。前走のDF200が仕業216、継走が仕業239で札幌貨物ターミナルから東室蘭操まで2086列車を引いてきたかま。

五稜郭から青森信号場・東青森までは、青函トンネル新幹線在来線 共用区間を行く複電圧仕様(交流20kV/25kV)交流電気機関車 EH800形(五稜郭機関区)の仕業813。東芝がつくった8軸(H級)連接タイプ機関車

青森信号場についた列車は、いったん東青森まで行く。本州側を受け持つかま、富山機関区の交直両用電気機関車 EF510形 が東青森で待機。東青森で40分ほどとまる間に、EH800からEF510へとつけかえる。

3090列車は、東青森から列車番号が4090に。ここから富山区 EF510(仕業14)は、日本海縦貫線を夜通しかけ、翌朝の4時04分、吹田貨物ターミナル駅につける。途中、秋田貨物駅で40分ほど荷役作業がある。

◆帯広貨物2045(3090)苫小牧貨物038(3090)124東室蘭2233090)524函館貨物537(3090)846青森信909(3090)916東青森959(4090)1006青森信1008(4090)404吹田タ


(画像はイメージ

 
 
 
鉄道チャンネルyoutubeは動画コンテンツを、平日毎日更新中!

水曜日18時は、LINE LIVE「しゃべ鉄気分!」を同時生配信

ぜひチャンネル登録を!

◆鉄道チャンネル公式YouTube
https://www.youtube.com/channel/UCEU1PILeEG2tUBHMURn7BBg

◆鉄道チャンネル公式YouTube 関連記事
https://tetsudo-ch.com/tag/tcyt

LINE LIVE「しゃべ鉄気分!」
https://live.line.me/channels/576



(出典 news.nicovideo.jp)


(出典 upload.wikimedia.org)



<このニュースへのネットの反応>